適応障害からの365日の顛末

適応障害で休職中。回復へのトライ&エラーと、心地のよい暮らしを手に入れる過程の自分日誌。

植物

父から譲りうけた多肉植物(蒼角殿、ハオルチア・レツーサ、ハオルチア・玉扇)

先日実家に帰省した際、株分けしたハオルチア・オブツーサ(Haworthia obutusa)の株の幾つかを1鉢に植えたものを、父への手土産にした。 株分けしたオブツーサたち。 右下のものが親株で、残り3鉢が子株。 ↓オブツーサの株分けについてはこちらで記事にして…

エバーフレッシュの開花(エバーフレッシュの新芽はあの生き物に似ている)

昨年末から、寝室にエバーフレッシュの鉢植えを置いている。 繊細で涼しげな葉がすき。 和にも洋にも馴染むし、どことなく無国籍な感じもすきで、 以前から育てたいと思っていた。 エバーフレッシュの葉に光が差すのを見上げるのも大好き。

鉢植えベランダ栽培 グレープフルーツの鉢・土の交換

わたしは、グレープフルーツを種から育てている。 たしか、2011年の発芽だったはずなので、かれこれ7年になるのだろうか。 グレープフルーツは南国植物で、関東地方だと4月〜9月頃までが成育期。 この季節はどんどん成長するはずなのに、今年は新芽の出が…

ハオルチア・オブツーサの株分け

うちには、2株のハオルチア・オブツーサがいる。 2015年だったかに、お花やさんの友人から譲り受けたもの。 小さくても形の整ったまぁるいオブツーサを買ったときに、「オマケもつけてあげる!」と、株分けしたばかりだったのか、葉っぱが4、5枚の不恰好な…

コノフィツム脱皮完了と、脱皮失敗で溶けるリトープス

先日紹介した脱皮中のコノフィツム朱楽殿。 この間は、頭が少し覗いているくらいでしたが、 徐々に皮が剥がれ落ちてって、 無事脱皮が完了しました。 手前が脱皮後のコノフィツム。分頭しているとうれしい。 どんどん増殖してー!

たくさん収穫できるバジルの摘み方

GW頃から夏ごろまで花屋の店先で苗が売られているバジル。 スーパーで買ったりすると少量が入った1パックが何百円かするけど、バジルの苗はだいたい150円〜200円くらいが相場。 鉢に植え替えて栽培すれば、一夏で結構な量のバジルを収穫できちゃう。 絶対苗…

グラプトペタルムの挿し穂から発根

2週間ほど前に、ベランダで育てている京美人・品種不明のグラプトペタルムがずいぶん徒長していたので、挿し木(挿し穂?)にしようと、チョキンと伐採した。 左がグラプトペタルム、右が京美人。

コノフィツム朱楽殿の脱皮

去年、国際多肉植物協会主催の多肉バザールで手に入れたConophytum Syurakuden 朱楽殿がようやく脱皮し始めた。 リトープス類はもうすっかり脱皮中だけど、この子はゆっくりしたペースでこれから脱皮するみたい。

多肉植物の水耕栽培。根が伸びたのでグラスを変えた。

植物がすきで、狭いベランダと屋内で植物を育てている。エアプランツなどのコンパクトなものも合わせると、40種類くらいあって、冬の時期になると我が家のリビングの日当たりのいい場所は、植木鉢に占領される状態になる。 そのうちいくつかの多肉植物を水耕…

カプト・メデューサエ開花。

Tillandsia caput-medusaeなんだけど、カプトメデューサって表記されてたり、カプトゥになってたり、デドューサになってたり、サイトによって表記揺れが激しいチランジアの一種。 もう花盛りもずいぶん過ぎてからの写真だけど、開花した。

断捨離だん。オリーブの実がついた。

休職22日目。もうまるまる3週間経っちゃった。 わたしは物を管理するのが苦手。自分を管理することさえ、時々ままならなくなる。 なので、たぶん自分が管理しなきゃならないものは、なるべく減らしたほうがいいんだと思う。ということで、少しものを捨てた。…