適応障害からの365日の顛末

適応障害で休職中。回復へのトライ&エラーと、心地のよい暮らしを手に入れる過程の自分日誌。

仕事

他人の視座を借りて自身の不安のナンセンスに気づく。仕事へのスタンスを変えることについて。

先日のこと。 知人からfacebookのメッセージで連絡があった。 以前、休職して4週間目、わたしがひどく沈んでいるときに連絡をくれた彼だ。 ↓詳細はこちらのエントリーから 彼からの連絡は、それまで「うつ病」だと診断されていたけれど、新しい病院では「う…

やりたいこと優先で日々のルーチンを怠ったのをきっかけに、「没頭」や仕事への向き合い方について考える。(休職7週目の反省)

休職して丸7週間が経過した。 ここ最近は以前からすきだったことの一部には興味・関心を持てるようになってきている。(でも、まだ読書はあまりする気が起きないのが、個人的な気がかりではある) 例えば、植物の植え替えをしたりとか、ちょっと出かけた先…

父の冗談はときどき滋味深い

自分のことに精一杯で、今年の父の日は何も贈れなかった。 そのことに気づいて、夜10時過ぎに父の携帯に電話したら、電話に出なかった。父の携帯は、父自身が電話するためのツールであって、誰かからの連絡を誰かのタイミングで受信するものではない。なぜな…

こころが折れるとき。

「ストレッチした仕事をやらなきゃいけないのに、周りのヘルプが望めなくて、期待に応えられるアウトプットが出せるかどうか不安でたまらなくなって、徐々に頭が回らなくなる。チーム構成にフィージビリティがないのが原因です。」 と、わたしの適応障害での…