適応障害からの365日の顛末

適応障害で休職中。回復へのトライ&エラーと、心地のよい暮らしを手に入れる過程の自分日誌。

コノフィツム朱楽殿の脱皮

去年、国際多肉植物協会主催の多肉バザールで手に入れたConophytum Syurakuden 朱楽殿がようやく脱皮し始めた。

 

リトープス類はもうすっかり脱皮中だけど、この子はゆっくりしたペースでこれから脱皮するみたい。

 

 

 

f:id:sophy365:20180620210241j:image

 

昨年秋に買ったばかりの時の様子はこんな感じ。

f:id:sophy365:20180621001206j:image

ぷりぷりしてる。

 

 

いまではコノフィツム類に分類されるようになったオフタルモフィルムは育てたことあるけど、それ以外のザ・コノフィツムを栽培するのは初めて。だからというわけではないけど、脱皮の進み具合にに興味津々。

一朝一夕で何かが変わるわけじゃないって頭でわかってるのに、毎朝毎晩、変化を確認してしまう。

 

自分が好調なときも不調なときも、植物たちは地味に淡々と、でも着実に変化・成長して行く。そのようすを眺めていると、不思議とこころが落ち着く。

 

わたしも小さなことに一喜一憂せずに、そういうふうにありたいな、と思う。